クレジットカードにもデビッド機能をつけよう!

デビッド機能がつけられるカードについて

デビッド機能は、預金口座から直接支払いができる機能のことです。銀行から発行されているクレジットカードであれば、機能が付けられるのではないかと考える方もいるでしょう。以前主流だった日本独自のシステムでは、加盟している金融機関であれば、システムを利用してキャッシュカードにデビッド機能やクレジット機能を付けて利用できるタイプがありましたが、金融機関の加盟店が少ないために全国的な利用が難しく、使いすぎを防止する便利な効果のあるデビッド機能についても広まりにくい状態でした。
現在は、メガバンクやネット専業銀行、地方銀行などでキャッシュカードにデビッド機能を付けたカードが発行され、多くの方に認知されるようになりました。クレジットカードの国際ブランドの決済システムを利用して、手軽に預金口座からダイレクトに支払いができますし、一部以外の加盟店であればクレジットカードのように便利に利用できることが多くなりました。ただ、国際ブランドと提携しているものには、銀行から発行されているクレジットカードがあったとしても、デビッド機能が搭載されているものは見受けられません。

デビッド機能付きキャッシュカードが入手できる人

デビッド機能付きのキャッシュカードは、当座貸越機能がなく、残高が少なくてもお金を補充して支払うタイプのもの出なければ、基本的に審査が不要で、中学生以外の15歳以上の方から利用できます。高校生の方がお小遣いの範囲内で、保護者の監督のもと、スマートフォン関連の課金や購入をする際にも、クレジットカード決済の代用として使わせられるでしょう。年齢の上限がないため、あまりクレジットカードを使いたくない高齢の方でも取得が可能となっています。債務整理をしてから日が浅く、信用情報に記載されていて、クレジットカードが取得できない方でも使えます。
ただし、デビッド機能付きのカードは有効期限がありますので、何度も残高不足の状態で決済不能となる方は、次の更新で認められないことがあります。一度更新拒否となると、当該の銀行で再度デビッド機能付きのキャッシュカードを取得するのは難しいことが多いので、大切に使うように気をつけましょう。また、決済不能時に信用情報機関に通知をする銀行もありますので、事前に残高を確かめてから利用するクセをつけるようにするといいですね。

クレジットカードで決済すると、得することがあります。決済金額に応じてポイントが付与されるカードがあります。このポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶことが重要です。