公共料金を払ってポイントクレジットカードのポイントをもらう方法!

ポイントの還元率が高いカードを利用する場合

ポイントの還元率が高いカードでは、100円で1ポイント貯められることがあります。流通系のクレジットカードであれば、お買い物をする時に還元できることもありますね。信販系のカードでしたら、提携店舗のポイントや、電子マネー等と交換できるため、選択の幅が広がります。キャンペーン期間であれば交換する際にボーナスポイントが付いて、さらにお得に還元できることもあるのです。支払いがリボ払い専用ではありますが、ポイントが付くだけでなく、決まった割合でキャッシュバックの対象となるクレジットカードもあります。
公共料金の支払いを管理しやすくするのであれば、年会費無料でポイント還元率の高いカードを、公共料金の支払いの専用カードとして利用してもいいでしょう。家族の分も一まとめにするとさらにポイントが貯まりやすくなりますね。まとまったポイントを利用する機会の多い提携店舗のポイントや、ギフトカード、電子マネーに変換できるので、公共料金を現金払いで支払った時よりも、節約に繋がるでしょう。

クレジットカードで支払いたくないけれどポイントは欲しい方

クレジットカードの情報が漏洩するのが心配なので気が進まないけど、ポイントが欲しいという方は、クレジットカードから電子マネーにチャージをして、コンビニのレジから支払う方法があります。ただ、支払いができる電子マネーやコンビニの店舗と、チャージをしてポイントが貯められるクレジットカードは限られていますので注意してください。事前に電子マネーのサイトでクレジットカードを登録しておくといいでしょう。
コンビニのレジで支払うには、バーコードが印字してある払込票が必要になります。通販の代金やサービス料金を支払うのと同様に、払込票をレジに出し、電子マネーで支払うだけです。事前にパソコンやスマートフォンから、チャージの手続きをしておくと、スムーズに支払えますね。
注意点としては、チャージができる上限額が決まっていますので、複数の料金を1度に支払う時には気をつけてください。また、電子マネーの方にはポイントは付かないので、ポイントの二重取りはできません。

コンビニの決済代行のシステムを効果的に活用することで、様々な場面でのショッピングを楽しむことができます。